名作文学(笑)シリーズ

シリーズ全体を一つの記事で書いています。

<ジャンル>ファンタジー・時代もの・シリアス・コメディ・名作パロディ
<おすすめ度>シリーズ全体★★★ ※現在シリーズ4まで聞いています
<作品HP>http://www.fwinc.co.jp/www/

■シリーズ全体の感想■
どのCDも、原作沿いの20分程度のストーリーと、5~10分程度のお遊びトラックが数本入った作りになっています。

お遊びトラックは、メロスの王様がオタクだったり、注文の多い料理店の山猫亭主がナンパ男だったり遊びまくってます(笑)
でもあんまり面白いネタはなく、好きなキャストのふざけてる所が聞きたい人向け。

ただ、原作沿いの本編はやっぱり名作を元としているだけあって、お話の骨がしっかりしていて聞いていて気持ち良いです。
ドラマCD向けに軽く聞けるようアレンジしてあるので、さくっと聞くにはちょうどよくて気に入っているシリーズです。


↓以下個別感想続きを読む